一汁一菜で健康な食生活を

「一汁一菜」は1人暮らしこそ合う

「一汁一菜」とは、主食・おかず・汁物の3点で構成された食事のこと。

古くから日本で食されてきた定番のスタイルで、ご飯とみそ汁と漬物を原点としています。

質素でありながら最低限のエネルギーを確保できる無駄のない食事です。

この一汁一菜は、忙しい主婦の方だけでなく、1人暮らしの方に適した食事スタイルと言えます。

食生活が乱れているけれど、自炊は面倒、でも外食すると高いし…。
と1人暮らしあるあるの悩みを解決できる一汁一菜スタイル

意識して続けると、食費の節約、手間の軽減はもちろん、健康維持にもつながります。

一汁一菜とは、主食(白米や玄米や雑穀米)に、汁もの(味噌汁 等)一品と、菜(おかず、惣菜)一品を添えた日本における献立の構成の一つであり、粗食を指す。
「一汁一菜」と言っても、汁と菜にさらに「香の物」(=漬物類)を少量添えることはしばしばある。

Wikipedia
案内人
過食多食の調整に一汁一菜がよく効きます
カズコさん
栄養価が足りない気がするけど、大丈夫なのかなあ?

「一汁一菜」の1人暮らしにおけるメリット

基本の一汁一菜

食費の節約になる

自分の食事内容が1週間先まで明確に見通せれば、食材の買い出しが容易になり無駄が省けます。一汁一菜のシンプルさは食生活を常に意識させることにより、食費の節約が可能になるのです。

自炊の面倒さを回避

毎回何を作ればいいのか考えなくてよいので、手間を大幅に省けます。同じ料理内(一汁)でのアレンジを繰り返すだけでも、飽きの来ない食事のバリエーションを増やせるはずです。

栄養の偏りをなくせる

質素だから栄養が足りないのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ、普段の食事が脂質と塩分過多になっている現代の食事(1人暮らし飯)に比べれば、とても健康的。量よりも質が大事です。

カズコさん
もしかして今まで栄養バランスを理由に食べ過ぎてた…!?

自炊はシンプルでこそ輝く

一汁一菜の原点

SNSに上がっているような料理を作る必要は一切ありません。

朝食そんなの準備できる暇ある?
本当に毎日その弁当作ってるの?
料理に1日何時間かけてるの?
写真撮る前に食べようよ、冷めちゃうよ?

と思わずにはいられないSNSの料理写真。

SNSでは逆に質素なほうが目に入る状態になってくらいですし、いくらアップするためとは言え豪華すぎます。白ご飯の上にアジフライ1尾載せてあるだけのほうが目に入る、という不思議な状況。

見栄えを気にしすぎて食事の本質を見失っているのが昨今の食事情でしょう。

自炊はまさに、シンプルイズベスト。

SNSに上がっている写真だけが料理なのではありません。
自分による自分のための自分だけの自炊料理がこの世で最も美しいのです。

1人暮らしで意識する一汁一菜

1人暮らしのための一汁一菜

味噌汁は1回作れば数日持ちますし、具材を日によって足していけば、それだけで十分におかずになります。

それとあとは缶詰でもいいので一緒に用意すれば、一汁一菜の完成。
実はこれだけで栄養は十分なのです。

一汁一菜と食事宅配を併用すれば、1人暮らしの飯事情は完璧。
別にご飯でなくとも味噌汁でなくとも問題なし。
パンでもパスタでも、トマトスープでもコーンスープでもなんでもOK。

要は、一汁一菜を意識してさえいれば良いのです。
派手なおかずだけが料理ではありません。

社会の最小単位である1人暮らし。
シンプルを極めるのも楽しいかもしれません。

案内人
栄養バランス=様々な食材ではありません。必要最低限の栄養素を摂取することこそが栄養バランスなのです
カズコさん
これからはシンプルな食生活めざします!
おすすめの記事