離れて暮らす子供へ宅配食

食生活は一度乱れ始めると戻すのに苦労する

1人暮らしの経験がある方ならば誰であれ、多少は思い当たるところがあるでしょう。
食生活の乱れはなかなか元に戻すことができません。

「そもそもまともな食事ってなんだっけ?」

と、そこまで行ってしまうと、健康被害はほぼ確実に出ています。

これまでより元気がなくなりいつもだるく感じ、何をしても楽しいと感じられず、やる気を振り絞ろうにもエネルギーがないために、逆効果。ただ、徒労感だけを味わって終わる…。

なんてことが慢性的に起こり出します。
そうなると、まともな人生はまず送れません。

1人暮らしは思ったよりも難易度が高いです。
誰もが健康に快活に過ごせるとは限りません。

ですが、逆に言えば、食事さえまともであれば、クオリティの高い1人暮らしを送ることは容易になります。

離れて暮らす子ども(息子・娘)がいる親御さんは、お子さんの人生を食からサポートしてみませんか?

離れて暮らす学生・社会人の子どもへ「宅配食」を送る

宅配食は手作り料理並み
宅配食は手作りをそのまま冷凍保存

「宅配食」は、調理済みの料理をお届けするサービス。
届いたら解凍or湯せんするだけですぐに食べられます。

インスタント食品や冷凍加工食品とは全くの別物で、無添加・国産100%の食材にこだわって作られており、味も冷凍とは思えないほどおいしいです。

冷凍庫にストックしておけば、いつでもすぐに健康に配慮された栄養価の高い食事をとることができます

冷蔵庫に何も入っていない、なんてことも珍しくない1人暮らし。
スーパーが閉まっていても、コンビニや外食に頼ることなく、乗り切ることができます。

宅配食は、健康的にも時間的にも非常に有用性が高く、お子さんの食生活をサポートするには最適な選択です。

少なくとも1日1食はまともな食事をとることができる

マヨネーズを見つけた女性
今日はこれで乗り切ろう…

宅配食があれば、どんなに乱れた食生活であっても、1日1食はまともな食事をとることができます

3食全部を宅配食に任せてしまうのは難しいですが、1食だけでも利用すれば、食のクオリティは大幅にアップ。生活のクオリティも上がるはずです。

仕送りとしてはお金を送るのが定番ですが、お金は良くも悪くもどんな使い方もできてしまいます。
また、野菜などの食材を直接送っても、使いきれずに(使わずに)腐らせてしまう可能性大です。
(腐らせてもわざわざ報告する子どもはいないでしょう)

宅配食なら、その無駄を省けます。
お金を送る手間も食材を段ボールに詰める手間もかかりません。
食べないときは冷凍庫に入れておくだけ。食べるときだけ解凍すればOK。

1人暮らしをしている子どもが自ら宅配食を利用することはまずない

自炊も最初だけは頑張る
最初だけ頑張る自炊

いくら健康に気を遣っている子どもでも、自ら宅配食を利用し始めることはまずないでしょう。
便利なことは間違いないですが、普通に買い物するよりも割高になるからです。

1食あたりで計算してみると、外食するほどではないにしても、自炊する場合に比べると、明らかに高くなります。
もちろんその分、食材の質が高く、手軽にすぐ食べられるというメリットがあるのですが、特に学生や新社会人は、なるべく食費を減らしたいのと考えるもの。
たとえ、結果的に宅配食のほうが安くなったとしても、申し込むことはほぼありません。

どうしても目先の安さにとらわれてしまうのです。

そこで、サポートしてあげるのが親の役目
一度宅配食を注文すれば、あとは定期的に配達してくれるので、親御さんとお子さん双方にとってもメリットしかありません。

そもそも、宅配食の存在に気付いていない可能性のほうが高いです。

まずは、宅配食をやってみたらどう?と提案してみるのもアリでしょう。

案内人
初めての1人暮らしだと食生活は乱れて当たり前。健康に支障を来たす前のサポートが肝心ですね
おすすめの記事