自炊しない子供は食事宅配でサポート

自炊をまともにする20~30代の1人暮らしの人は3割以下

離れて暮らす1人暮らしの子ども(息子・娘)の健康が心配になるのは、親としてはごく自然な感情。まともな食事をきちんと食べているかは最も気になるところですよね。

残念ながら、その心配は的中しています。

20~30代の1人暮らしで、ほぼ毎日自炊する人は、3割以下という調査結果も出ているくらい、自炊をまともにする子どもは多くいません。

自炊をする習慣のない1人暮らしがほとんどということは、ほとんどの方が食生活に難ありということです。
自炊をしているからと言って、健康に問題がないとも限らないのが実状です。

ですから、子どもの健康(食生活)を気遣うなら、「食事宅配」を利用しましょう。

無添加&国産100%の食材にこだわった料理をお届けするサービスです。
解凍or湯せん5分で良質な食事をとることができます。

自炊をするよりも圧倒的に効率がよく、栄養も十分に確保できるうえ、味もおいしいという至れり尽くせりなメリットばかりです。

1日1食でも、食事宅配でまともな食事をとることができれば、健康への心配・不安は大きく解消されます。

まずは、試してみてください。

案内人
特に『わんまいる』は安心安全の食材ばかり使っていて、味もおいしいのでおすすめです

自炊をまともにしない子どもが悪い訳ではない

自炊はたまにしかしない人がほとんど

20代~60代の、現在一人暮らしをしている男女を対象とした調査によると、


女性では若い年代ほど自炊の頻度が低い傾向。男性は60代を除くと「ほぼ毎日自炊する人」は3割以下。

一人暮らしの方の4割程度がほぼ毎日自炊している。性年代別では女性60代の7割半ば、
男性60代の6割がほぼ毎日自炊。女性では若い年代ほど自炊の頻度が低い傾向で、
女性20代で毎日自炊する人の割合は3割程度にとどまる。
また、男性では60代を除くと「ほぼ毎日自炊する人」は3割以下。

毎日自炊を行わない(行えない)理由では「作るのが面倒だから」が突出しており(6割半ば)、
次いで「作る時間がない」が3割半ば。

参照:https://www.lisalisa50.com/research20180227_11.html

若い世代に限ると、自炊が習慣付いている人はほとんどいません。
自炊をしないということは、コンビニや外食に頼っているということです。

人生で一番エネルギーが必要とされる時期に、ほとんどの人がまともなものをしっかり食べていないのが、この社会の現状。

添加物や農薬にまみれた不健康な食事で満足できるのは、若い時だけです。
いずれ年を取ればそのツケを払わないといけなくなるのは間違いありません。
その時に後悔しても遅すぎます。

まだ元気だから、と食をおろそかにしがちな20代30代ですが、そこをサポートしてあげるのが、親の役目ではないでしょうか。
立派に自立していたとしても、やはり長く生きている人間からの知恵や手助けは欠かせません。

大学生の場合、食の乱れが留年にもつながる

自炊はワンパターンになりがち

大学生が単位を落とし留年するとなると、
「大学をさぼり遊びまくっていたから悪いんだろ?」
「自己責任だ!親に申し訳ないと思わないのか?」

という意見が大半かと思いますが、必ずしも原因は個人の怠惰さによるものだけではありません。

慣れない1人暮らしで食生活が乱れ、まともな思考が働かず、体もまともに動かず、自分にとって悪い選択ばかりしてしまう、なんてことは実にありがちです。

子どもの自主性に任せ自己責任だと責めるのは簡単ですが、その前に親としてできることはやりましょう。

生活が乱れるのは、十中八九、食の乱れの影響です。

食事宅配でカバーしつつ、後悔のない選択ができるようサポートしてあげるのがベター。
社会人になってからはともかく、大学生のうちは軽く力添えして損はありません。

食事宅配で子どもの健康を支える

手作りの味を楽しめる

食事宅配は、一度申し込めば定期的に配達してくれます。
1ヶ月間は料理内容がかぶることがないので、飽きることはまずないでしょう。

3食とも食事宅配で補うのは費用がかさむので難しいかもですが、1日1食、質の良い食事をとるだけでも、健康状態は著しく向上します。

20代30代は成人しているとは言え、まだ体の可塑性(変化できる柔軟な部分の割合)が高いです。

食事内容次第で、人生のパフォーマンスにも影響する可能性は大いにありますので、親と子ともども健康に気を遣って、有意義な人生を送りましょう。

案内人
食事は本当に大事。30代以降も若くあり続けるためには、健康な食事が必須です
おすすめの記事